病気・治療の解説

熱中症に注意しましょう!

1:こんなときは熱中症に要注意

炎天下の屋外や、しめきった室内などといった、暑くてじめじめする場所で、長時間活動する場合は要注意です!

 

例えば

乳幼児:しめきった車の中

青少年:スポーツ中

社会人のかた:労働作業中

高齢者:日常生活場面

など

詳しく知りたい方へ

2:熱中症にならないためには?

熱中症は、予防が大切で、高温、多湿の環境で長時間とどまらない、活動しない、ように心がけましょう。

室内の対策

    • 適度にエアコンを使用する

    適度にエアコンを使用する

    • 窓を開ける

    窓を開ける

    • 除湿器を使用する

    除湿器を使用する

    • 水分補給を行う

    水分補給を行う

室外の対策

    • なるべく日陰で過ごす

    なるべく日陰で過ごす

    • 炎天下での長時間作業を避ける

    炎天下での長時間作業を避ける

    • 帽子をかぶる

    帽子をかぶる

    • 適度に休憩を取る

    適度に休憩を取る

    • 水分補給を行う

    水分補給を行う

◎ワンポイントアドバイス「水分補給について」

水だけではなく、塩分もいっしょに補給する必要があるため、経口補水液(oral rehydration solution : ORS、経口補水液OS-1(オーエスワン)®など)や、スポーツドリンクなどを飲むようにしましょう。

詳しく知りたい方へ

3:もしかして熱中症?~こんなときは、熱中症かも!

1のような状況で、めまい立ちくらみ生あくび大量の汗筋肉痛筋肉の硬直(こむら返り)を認めた場合には、軽症の熱中症が疑われます。

熱中症かなと思ったら

 

頭痛、おうと、倦怠感、虚脱感、集中力や判断力の低下といった症状を認める場合は、すぐに病院を受診するようにしてください。もし、まわりの方で熱中症が疑われて、意識障害けいれんがあるなら、救急受診する必要があります。

こんな場合にはすぐに病院へ!

4:熱中症かな?と思ったら

軽症であれば、まずは原因となった場所をはなれて、風通しのよいひかげや、空調の効いた部屋などに移動し、安静にしましょう。次に、身体を冷やします

衣服を脱いで、水をスプレーしながらせんぷう機で送風すると有効です。そのほか、首の回り、わきの下、太もものつけねにアイスパックをあてるのもよいでしょう。

詳しく知りたい方へ

5:こんな場合にはすぐに病院へ!

軽い症状でも、上の対処でよくならない場合や、頭痛おうと倦怠感虚脱感集中力や判断力の低下といった症状を認める場合は、すぐに病院を受診するようにしてください。

もし、まわりの方で熱中症が疑われて、意識障害けいれんがあるなら、救急受診する必要があります。

INFORMATION関連記事

診療時間

平日

  • ・ 9:00~13:00
    (12:00受付終了)
  • ・ 14:00~16:00
    (15:30受付終了)
  • ・ 18:00~20:00
    (19:30受付終了)

土曜日

・ 9:00~13:00
(12:00受付終了)

※休診日

木曜、土曜午後、日曜、祝祭日